お役立ち情報

【初心者向け】無料アプリの動画編集方法【Clipchamp】

しろ
しろ

動画編集のやり方がわかんない……

あこ
あこ

Clipchampは無料だし、操作も簡単だよ!

 

動画投稿するとき、ちょっとした編集をしたいと思った事はありませんか?

無料で動画編集ができる「Clipchamp」なら、操作性が分かり易くて動画編集初心者の人でも簡単に編集ができます。

 

アプリのインストールから、動画を投稿するまでを解説しているので、ぜひ参考にしてください。

 

この記事がおすすめな人

・動画編集をしたことが無い初心者の人

・無料の動画編集アプリ(ソフト)を知りたい人

・Clipchampの使い方を知りたい人

 



Clipchampにログイン


出典:Clipchamp

Clipchampの公式サイトへアクセスし、「無料で試す」をクリックしてください。

 


出典:Clipchamp

ブラウザで編集作業をする場合は、サポート対象外のブラウザでは利用できないので、「Google Chrome」「Microsft Ege」をご利用ください。

アプリ(ソフト)から編集作業をする場合は、「Microsft Store」からアプリをダウンロードしましょう。

 


出典:Clipchamp

「Microsftアカウント」、「Googleアカウント」、「メール」いずれかのアカウントからログインが可能です。

どのアカウントも持っていない場合は、新規作成をしてからログインしましょう。

 

また、Windows11以降のOSには標準でインストールされているので、そちらからもログインできます。

 

Clipchampの編集方法

基本操作

Clipchampにログイン後、編集作業ができるようになります。

ちなみに、今回の記事で紹介するのはMicrosft StoreにてインストールしたClipchampの操作方法です。


まず、「+動画を作成」をクリックしましょう。

 


右側の「16:9」をクリックすると、動画のアスペクト比を選択できます。

基本的には「16:9」で良いですが、「Youtubeショート」や「TikTok」に投稿する際は「9:16」を選択してください。

 


編集する動画や画像などの素材はドラッグ&ドロップするか、左上の「+」をクリックして追加してください。

 


追加した動画はサムネイルの「+」をクリックするか、ドラッグ&ドロップでタイムライン上に移動させてください。

 

音楽や画像を追加したい場合も、同様の操作で追加できます。


オーディオの音量を調整する場合は、右メニューの「オーディオ」から音量調整をしてください。

オーディオが追加されると動画の音声と2重に聞こえてしまうので、動画の音声をミュートすることを推奨します。

 

ショートカットキー

スペース 再生または一時停止
DeleteまたはBackspace クリップの削除
Ctrl + マウスホイール 拡大縮小
Ctrl + C コピー
Ctrl + V ペースト
Ctrl + Z 元に戻す
Ctr l+ Y やり直す

動画編集の作業効率を上げるため、ショートカットキーを覚えておいた方が便利です。

全てのキーを覚える必要は無いので、よく使うキーだけを上記の表にまとめました。

最低でも「スペース(再生または一時停止)」は覚えておいた方が良いです。

 


ちなみに、全てのショートカットキーは左上の「≡」→「キーボードショートカット」から見れます。

 

画面の調整


プレビュー画面をクリックして、画面サイズの調整をしましょう。

左側に出てくるウィンドウにて、画面を「回転」、「反転」させる等の操作ができます。

 

分割(スプリット)、トリミング


動画の不要な部分をカットする場合は、タイムライン上にボーダーを移動させて、「スプリット(S)」をクリック。

そして、不要な部分を選択して「削除(DEL)」をクリックすればカットできます。

ショートカットキーで操作した方が楽なので、活用してみてください。

 


また、タイムラインの動画端をマウスカーソルで掴みながら移動させることで、分割と同様の操作(トリミング)ができます。

 

テキストを追加


動画上にテキスト(文字)を入力したい場合は、左メニューの「テキスト」かタイムラインの「テキストを追加」をクリックします。

 


テキストの表示方法は、文字を動かしたり、エフェクトを追加するなど様々な表示方法があります。

シンプルなテキスト表示なら左上の「テキスト」を選択しましょう。

 

プレビュー画面にテキスト入力画面が出るので、任意のテキストを入力してください。

テキストの表示時間は、タイムライン上からマウスカーソルにて調整できます。

 

フェードイン・フェードアウト


動画を暗い状態から元の状態に(フェードイン)、元の状態から暗い状態に(フェードアウト)をするには、タイムライン上のフェードしたい部分を選択して、右メニューの「フェード」から秒数を設定してください。

テキスト、オーディオも同様の操作でフェードイン・フェードアウトができます。

 

動画の出力

エクスポート


動画の編集が完了したら、右上の「エクスポート」をクリックします。

4種類の画質レベルを設定できるので、好みの画質で出力してください。

・480p:下書き向け

・720p:ソーシャルメディア向け

・1080p(HD):動画ストリーミングやプレゼンテーション向け

・GIF:15秒以下の動画向け

動画投稿をするのであれば、「1080p」を選択しましょう。

なお、「GIF」は15秒以下の動画でないと選択できません。

 

動画を保存・アップロード


出力する画質を選択すると、レンダリングが開始されるので100%になるまで待ちましょう。

動画が完成すると「コンピューターに保存」をクリックしなくても自動的にPCに保存されます。

 

終了画面からYoutubeやTikTokに直接アップロードすることも可能なので、すぐに投稿する場合は投稿するサイトをクリックしてください。

 

終わりに


Clipchampは無料の動画編集ソフトながら扱いやすく、YoutubeショートやTikTokに対応したサイズにまで画面サイズを設定できます。

ただし、動画編集ソフトとしては最低限の機能しか扱えませんし、無料版では制限された機能も多いです。

 

これから本格的な動画編集をしたい方は、やはり有料の動画編集ソフトを利用する事をおすすめします。

こちらの記事でおすすめの有料・無料ソフトを紹介しているので参考にしてみてください。

【歌詞アニメーション(歌詞付き動画)】TextAliveで簡単にMVを作る方法【使い方の解説】あなたは動画作成をしたことがありますか? 今の時代、動画編集をするスキルは必須とは言わないまでも、やってみたい方は多いと思います。...

 

よろしければクリックで応援お願いします。

人気ブログランキング

 



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA