お役立ち情報

【買わないでください】ウイルスセキュリティソフトはいらない3つの理由

ほとんどの方はパソコンにウイルスセキュリティソフトをインストールしていると思いますが、実はウイルス対策になっていない場合があることをご存じですか?

 

これを知らずにいると、「セキュリティソフトをインストールしておけば大丈夫」と過信して、気付かないうちにウイルスに感染してしまうかもしれません。

 

では、どのように対策すれば良いのかと言うと、「Windows Defender」を利用すれば、ウイルス対策には充分な効果があります。

Windowsに標準搭載されているウイルスセキュリティなので無料で使えますし、有料のウイルスセキュリティソフトと比べても遜色ないです

 

一部の有料ウイルスセキュリティソフト以上の性能を持つWindows Defenderがあれば、基本的にウイルスセキュリティソフトを買う必要はありません。

 

・なぜウイルスセキュリティソフトが必要ないのか?

・なぜ有料ウイルスセキュリティソフトではだめなのか?

そういった疑問があるかと思うので、

 

この記事では「有料ウイルスセキュリティソフトがいらない理由」を解説しています。

 

また、Windows Defenderを使用したとしても、設定方法を間違えるとウイルス対策にはなりません。

正しい設定方法も解説するので、最後までご覧になってみてください。

 

ちなみに、今回の解説はパソコンのOSが「Windows」である場合を想定しています。

OSが「Mac」の場合は、セキュリティソフトが必要ないほどウイルス対策がしっかりしているので、セキュリティソフトについては考えなくても大丈夫です。

 

この記事で分かること

・有料ウイルスセキュリティソフトがいらない3つの理由

・有料ウイルスセキュリティソフトが必要な場合

・Windows Defenderの設定方法

 



有料ウイルスセキュリティソフトがいらない3つの理由

  1. Windows Defenderが標準搭載しているから
  2. ウイルスセキュリティの性能が高いから
  3. そもそもウイルスに感染しないから

上記の3つが、有料ウイルスセキュリティソフトがいらない理由です。

順番に解説していきましょう。

 

Windows Defenderが標準搭載しているから

Windows Defenderは、Windowsに標準搭載されているので、わざわざ有料のウイルスセキュリティソフトをインストールする必要がありません。

パソコンを購入した店舗によっては、「Norton」「McAfee」といったウイルスセキュリティソフトがすでにインストールされているパターンもありますが、数か月~1年程度しか使えず、更新を促す広告が頻繁に出てきて面倒です。

 

しかし、Windows Defenderは無料で永年利用できて、煩わしい広告などの表示もありません。

使い勝手が良くて、無料で使えるなら、有料のソフトを買う必要は無いです。

 

 

ウイルスセキュリティの性能が高いから


出典:AV comparatives 2018年2月のデータより

:ブロック率・・・100%
:ユーザー依存での損害率・・・0%
:損害率・・・0%
:誤検出数・・・3

 

こちらは、第三者機関である「AV comparatives」が、ウイルスセキュリティソフトの性能を評価した一覧です。

Windows Defenderは、他の有料ウイルスセキュリティソフトと比べても遜色なく、むしろ最も優れているセキュリティソフトかもしれません。

 

 

Windows Defenderは、2007年「Windows Vista」に初めて搭載されましたが、発売当初はウイルスの検出率が低く、まだ有料のウイルスセキュリティソフトが必要でした。

しかし、Windows10から11が実装された昨今になって、ようやく有料のウイルスセキュリティソフト並みか、それ以上の検出率を誇る性能になったため、わざわざ有料のウイルスセキュリティソフトがいらなくなりました。

 

 

そもそもウイルスに感染しないから

あなたは過去に、パソコンやスマートフォンがウイルスに感染した経験はありますか?

ほとんどの方はウイルスに遭遇したことが無いかと思いますが、それは現代のネット接続環境が昔と比べて変化したことが原因です。

 

西暦2000年初頭の時代、当時は電話線をパソコンに接続してネットに繋がっていました。

その頃のネット環境はかなり脆弱で、簡単に他人のパソコンに侵入できるほどセキュリティが緩かったため、ウイルスセキュリティソフトが必須でした。

 

しかし、その後ネット環境は大きく改善され、電話線やモデムから直接パソコンに繋げずに、ルーターを経由することで暗号化されて、ウイルスや他人からの侵入が容易ではなくなったことが、ウイルスに感染することが激減した理由です。

 

 

Windows Defenderの設定方法

設定前にやること

Windows Defenderを設定する前に、有料のウイルスセキュリティソフトがインストールされている場合、お互いの機能がケンカしてパソコンに負荷を掛けてしまうので、アンインストールしましょう。

 

 

ランサムウェアの防止設定

①Windowsセキュリティを開く

タスクバーの「^」から、Windowsセキュリティを開きます。

 

②ウイルスと脅威の防止

Windowsセキュリティの「ウイルスと脅威の防止」をクリックします。

 

③ランサムウェアの防止

「ランサムウェアの防止」をクリックします。

 

④コントロールされたフォルダーアクセス

「コントロールされたフォルダーアクセス」をクリックして「オン」にします。

これで、ランサムウェアの防止が完了しました。

 

ちなみに、ランサムウェアとは、身代金を要求するコンピュータウイルスの一種です。

メールやウェブサイト経由で感染して、パソコン内のデータやファイルを暗号化させたり、パソコンやスマートフォンをブロックするといった被害を及ぼします。


出典:arcserve jaan blog

 

 

ブラウザの保護

①アプリとブラウザーコントロール

「アプリとブラウザーコントロール」をクリックします。

 

評価ベースの保護

「評価ベースの保護」の「評価ベースの保護設定」をクリックします。

 

Microsoft Edge の SmartScreen

「Microsoft Edge の SmartScreen」が「オン」になっていれば、インターネットブラウザの「Microsoft Edge」は保護された状態になっています。

 

ただ、インターネットブラウザは「Google Chrome」をメインで利用している人は、別の操作で保護しなければいけません。

以下に、Google Chromeを保護する方法を解説しています。

 

 

Google Chromeを保護する方法

Microsoft Defender Browser Protection

google検索から「Microsoft Defender Browser Protection」を検索します。

 

Chromeウェブストア

「Microsoft Defender Browser Protection-Chromeウェブストア」のページを開きます。

 

Chromeに追加

「Chromeに追加」をクリックします。

 

 

「拡張機能を追加」をクリックします。

 

 

「Microsoft Defender Browser Protection」がChromeに追加されましたの表示が出たら、Chromeが保護された状態になります。

 

これで、Windows Defenderの設定が完了しました。

 

 

有料ウイルスセキュリティソフトが必要な場合

Windows Defenderはウイルス対策としては最低限の能力しか無いので、有料ソフトのような多機能性は持ち合わせていません。

◆有料ソフトによくある機能

・365日お問い合わせ可能

・スマートフォン等の端末を含めた複数台の保護

・迷惑メール対策

・パスワード管理

 

企業に成りすましたメールや、知らない相手からのメールを開いてしまい、ウイルスに感染するケースもあるので、こういったウイルスセキュリティ以外のサービスを求める方は、有料のウイルスセキュリティソフトを利用した方が良いでしょう。

おすすめのウイルスセキュリティソフトは以下で紹介しています。

 

 

Avast(アバスト)


出典:Avast

基本機能は無料で使えるウイルスセキュリティソフトです。

ただし、無料で使える機能がWindows Defenderに劣っているので、利用する場合は有料オプション版を使う事をおすすめします。

 

無料、有料版での機能の差は以下のとおりです。

無料
アンチウイルス
プレミアム
セキュリティ
アルティメット
マルウェアからの保護
Wifiの検査
ランサムウェア対策強化
偽サイトの回避
サンドボックス
ファイアウォール
ウェブカメラ覗き見防止
ファイル完全削除
アプリを自動的にアップデート
クリーンアップ プレミアム付属
セキュアライン VPN 付属
価格(1台/1年) 0円 5,480円
初年3,278円
9,080円
初年5,478円

出典:the比較

 

第三者機関である「AV comparatives」の評価は以下のとおりです。

出典:AV comparatives 2021年8月~11月のデータより

保護テスト

:ブロック率・・・99.7%
:ユーザー依存での損害率・・・0%
:損害率・・・0.3%
:誤検出数・・・

 

マルウェア対策テスト

:ブロック率・・・99.8%
:ユーザー依存での損害率・・・0%
:損害率・・・0.2%
:誤検出数・・・0

 

パソコンへの負荷

スコア1.3

なかなかの防御率があります。

ウイルスの防御機能は無料・有料ソフトで変わりありませんが、使える機能が少ないことと、無料ソフトを入れるくらいならWindows Defenderだけで充分でしょう。

 

有料版の購入はこちら。

 

 

ちなみに、マルウェアとはコンピューターウイルス等の悪意のあるソフトウェアのことで、以下のような物はすべてマルウェアに含まれ、年を追うごとにその種類は増えています。


出典:NTTコミュニケーションズ

 

 

ZEROスーパーセキュリティ


出典:SOURCENEXT

購入した時点から、永年使えるウイルスセキュリティソフトです。

ウイルスセキュリティソフトの多くは、1ヵ月~数年で更新する必要がありますが、一度支払えばずっと使用できるのはお得ですね。

 

契約の更新はしなくても、ソフト自体のアップデートは常にできるので、最新のウイルスに対しても効果があります。

 

第三者機関である「AV comparatives」の評価は以下のとおりです。

ZEROスーパーセキュリティは「Bit Defender」というソフトを使用しているので、その項目を見ていきましょう。


出典:AV comparatives 2021年8月~11月のデータより

保護テスト

:ブロック率・・・99.1%
:ユーザー依存での損害率・・・0%
:損害率・・・0.1%
:誤検出数・・・0

 

マルウェア対策テスト

:ブロック率・・・99.8%
:ユーザー依存での損害率・・・0%
:損害率・・・0.2%
:誤検出数・・・0

 

パソコンへの負荷

スコア6.9

無料ソフトであるAvastaよりブロック率が少し劣っています。

そして、パソコンへの負荷も割とあるので、パソコン作業にも影響が出てくるでしょう。

 

 


出典:SOURCENEXT

また、廉価版の「ZEROウイルスセキュリティ」というソフトもありますが、こちらも永年使えるソフトで、「ZEROスーパーセキュリティ」より安いです。

ただ、このソフトはウイルスセキュリティの最低限の機能しか無いので、わざわざ購入するよりWindows Defenderで充分です。

 

初期機能は最低限ですが、有料オプションで追加機能があります。


出典:ZEROウイルスセキュリティ

・パスワード管理(1,500円):ログインID,パスワードの保管

・バックアップ(1,500円):定期的なバックアップ機能

・高速化・シュレッダー(3,000円):パソコンの高速化&データ抹消

ただし、これらは他のウイルスセキュリティソフトでは標準搭載されている機能もあるので、わざわざ有料オプションで購入するより、他のソフトを購入した方が安いので、おすすめできません。

 

 

第三者機関である「AV comparatives」の評価は以下のとおりです。

ZEROウイルスセキュリティは「K7」というソフトを使用しているので、その項目を見ていきましょう。


出典:AV comparatives 2021年8月~11月のデータより

保護テスト

:ブロック率・・・99.7%
:ユーザー依存での損害率・・・0%
:損害率・・・0.3%
:誤検出数・・・4

 

マルウェア対策テスト

:ブロック率・・・98.6%
:ユーザー依存での損害率・・・0%
:損害率・・・1.4%
:誤検出数・・・0

 

パソコンへの負荷

スコア1.5

有料版のZEROスーパーセキュリティよりブロック率が低いですが、パソコンへの負荷は軽いです。

しかし、肝心のウイルスセキュリティ機能が劣っているなら、わざわざ購入する必要はありませんね。

 

「ZEROスーパーセキュリティ」は購入検討する価値がありますが、「ZEROウイルスセキュリティ」機能が中途半端なので、Windows Defenderで充分でしょう。

 

 

ESET(イーセット)


出典:ESET

多くのウイルスセキュリティソフトの中でもトップクラスの性能を持ちながら、パソコンへの負荷が少ないという、「ウイルス検出率」と「軽さ」を両立させたウイルスセキュリティソフトです。

 

第三者機関である「AV comparatives」の評価は以下のとおりです。


出典:AV comparatives 2021年8月~11月のデータより

保護テスト

:ブロック率・・・99.2%
:ユーザー依存での損害率・・・0%
:損害率・・・0.8%
:誤検出数・・・0

 

マルウェア対策テスト

:ブロック率・・・98.2%
:ユーザー依存での損害率・・・0%
:損害率・・・1.8%
:誤検出数・・・0

 

パソコンへの負荷

スコア1.1

ブロック率は普通と言ったところですが、パソコンへの負荷が1番軽いです。

 

ウイルスセキュリティソフトは常駐で動くことになるので、少しでも負荷が少ないソフトの方が、パソコン作業をするのに快適になります。

パソコンへの負荷スコアはWindows Defenderの「19.2」に対してESETは「1.1」という圧倒的な軽さなので、とにかく快適にパソコン作業をしたい方におすすめです。

 

パソコン、スマホなど5台までインストール可能で、3年更新の商品がコスパ的に最もお得です。

 

 

まとめ

有料のウイルスセキュリティソフトは基本的に必要ない

ウイルスセキュリティソフトが必要ない理由は、以下の3つです。

  1. Windows Defenderが標準搭載しているから
  2. ウイルスセキュリティの性能が高いから
  3. そもそもウイルスに感染しないから

「有料ウイルスセキュリティソフト」と「Windows Defender」のウイルス検出率は、ほとんど変わりません。

Windowsには標準搭載された優秀なウイルスセキュリティがあるので、わざわざウイルスセキュリティソフトを購入しなくても問題ないでしょう。

 

また、現代のネット環境はウイルスに感染するような状態ではないですし、ウイルスセキュリティソフトが必要なシーンは少ないでしょう。

 

 

有料ウイルスセキュリティソフトが必要な場合

Windows Defenderで保護していても、完全にウイルスに感染しないとは限りません。

企業を装ったや見知らぬ人からのメールを開いてしまったり、非合法なサイトから何らかのデータをダウンロードする等、自分から感染するようなリスクを犯せば、当然ウイルスにも感染する可能性はあります。

 

これらのリスクを回避するために、有料ウイルスセキュリティソフトでは「迷惑メールの選別機能」「非合法サイトの非表示機能」であったり、サポートが充実している商品があります。

Windows Defenderはウイルスセキュリティとしては最低限の機能しかなく、また、パソコンへの負荷もそこそこ重たいので、「通常以上のセキュリティ」「パソコンへの負荷を軽くしたい」と考えている方は、有料ウイルスセキュリティソフトの購入をおすすめします。

 

1番おすすめのウイルスセキュリティソフトは「ESET」

ウイルス検出率も高く、パソコンへの負荷も非常に軽いです。

 

 

有料ウイルスセキュリティソフトの注意点

有料ウイルスセキュリティソフトをインストールする際は、Windows Defenderの機能を「OFF」にする必要があります。

もし、両方の機能が「ON」の状態になると、セキュリティソフト同士がお互いを攻撃してパソコンへの負荷が激増してしまう恐れがあるので注意しましょう。

 

 

終わりに

Windows Defenderがあれば、基本的に有料のウイルスセキュリティソフトは必要ありませんが、ウイルスに感染しない確率は0%ではないので、油断はしないでください。

 

Windows Defenderだけだと不安だな・・

と思う方は、有料のウイルスセキュリティソフトを導入することをおすすめします。

 

パソコンは個人情報の塊なので、セキュリティを意識することは大事です。

自分が納得のできるセキュリティソフトで、あなたのパソコンを保護してあげてください。

 

コスパの良いパソコン選びはこちらを参考にどうぞ。

【Amazon整備済み品】パソコン購入レビュー【性能・評判・口コミまとめ】「Amazon整備済み品」をご存じですか? いわゆる中古品ではありますが、新品同様に見えるように、Amazonが検査、修理、クリー...

 

よろしければクリックで応援お願いします。

人気ブログランキング

 



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA