お役立ち情報

【おすすめロボット掃除機8選】自分の部屋に合うのは?【吸引掃除、水拭き、乾拭き】

現代の家電三種の神器と言えば

「ロボット掃除機」、「ドラム式洗濯乾燥機」、「食器洗い乾燥機」

ですが、皆さんは全てお持ちでしょうか?

まだまだ全てを持っている家庭も少ないかと思いますが、私の家にも1種類しかありません。

その中でも、私の家庭で使用している「ロボット掃除機」が非常に便利なので、ご紹介したいと思います。

ロボット掃除機の選び方

自動ロボット掃除機のイラスト

ロボット掃除機は各メーカーから何種類も発売されているので選ぶのが難しいです。

そこで選ぶ基準ですが、「部屋のサイズ」「拭き掃除が必要か」によって選ぶと良いです。

ロボット掃除機は部屋のサイズによって掃除できる範囲(マッピングできる範囲)が変わってきます。

広すぎる家や2階以上に分かれている家の場合は2台以上のロボット掃除機が必要にもなってきます。

なので、使用する部屋によってロボット掃除機を変える必要があります。

部屋サイズ別ロボット掃除機8選

25畳未満

画像
メーカー パナソニック iRobot
商品名 RULO mini MC-RSC10 ブラーバ ジェット250
最大稼働面積 20畳 15畳
掃除タイプ 吸引 水拭き+乾拭き
自動充電 有り 無し
価格(Amazon)※ 35,154円 13,690円

※2021年7月時点の価格

25畳~50畳未満

画像
メーカー CCP パナソニック
商品名 LAQULITO CZ-S01 MC-RS310
最大稼働面積 25畳 30畳
掃除タイプ 吸引 吸引
自動充電 有り 有り
価格(Amazon)※ 23,925円 64,450円

※2021年7月時点の価格

50畳~100畳未満

画像
メーカー iRobot パナソニック
商品名 ブラーバ ジェット m6 RULO MC-RSF600
最大稼働面積 60畳 50畳
掃除タイプ 水拭き+乾拭き 吸引
自動充電 有り 有り
価格(Amazon)※ 76,860円 77,220円
画像
メーカー iRobot Electrolux
商品名 ルンバ i7+ i755060 PUREi9.2 PI92-6DGM
最大稼働面積 約112畳 -
掃除タイプ 吸引 吸引
自動充電 有り 有り
価格(Amazon)※ 142,860円 71,980円

※2021年7月時点の価格

あると嬉しいおすすめ機能

・自動充電

・タイマー予約

・高機能センサー(走行性センサー、落下防止センサー、床面検知センサー等)

・カメラ(カメラとレーザーセンサーが両方あると詳細なマップが作成出来る)

・遠隔操作

暗視対応

ロボット掃除機にはいくつかの機能がありますが、機能が増えれば増えるほど値段が高くなる傾向があります。

自分の求めるスペックに合った商品を選んでみて下さい。

我が家のロボット掃除機事情(レビュー)

我が家で使用しているロボット掃除機は「Electrolux PUREi9.2」「IRobot ブラーバジェット m6」の2台です。

PUREi9.2は吸引掃除、ブラーバは拭き掃除をしてくれます。

PUREi9.2は1年半前に購入しましたが、当時は14万円くらいしていたので、現在では約半額まで値下げされているので、当時に購入した私からしたらとても安く感じます。

 

ブラーバのメーカーはロボット掃除機では有名な「ルンバ」を発売していますが、ルンバとブラーバは操作アプリ「iRobot HOME」で連携する事が可能です。

これにより、ルンバが掃除が終了するとブラーバが拭き掃除をする設定をする事が可能です。

我が家のブラーバは最近購入したので、先に購入していたPUREi9.2とはメーカーが違うので連携する事が出来ません・・

なので、吸引掃除が終了してから拭き掃除をするには、自分で時間を設定しないといけません。

基本的には同じ場所を掃除していれば掃除時間は一定なので、終了するくらいの時間にブラーバを起動する設定をしておけば、だいたい大丈夫です。

ただ、たまにPUREi9.2が掃除中に充電が切れて再充電になってしまう時があり、そうした時は吸引掃除の途中でブラーバが起動してしまうという事態になります。

ちゃんと吸引掃除が終わってから拭き掃除をしたいという方は、ルンバを購入する事をお勧めします。

まとめ

ロボット掃除機は段差が多い家や家具の多い家など、掃除がし難い家の場合もあるので、全ての家庭にお勧めできるものではありません。

ですが、一度体験してみると、掃除を任せられると言うのはとても便利でありがたいです。

iRobot製品であれば2週間体験が出来るので、よろしければ体験してみて下さい。

ルンバ/公式 短期レンタル - おためし2週間コース

 

また、ロボット掃除機を導入できる家というのは、ある程度片付けが出来ているとも言えるので、まだ購入を検討中の方は、まずは部屋の片づけが出来ているか確認してみると良いでしょう。

 

ブラーバについては別記事にまとめているので、こちらをご覧ください。

【ロボット掃除機】ブラーバ m6 の仕様を徹底分析!段差は超えられる?【メリットデメリット】前回の記事では我が家のロボット掃除機をご紹介しました。 https://meganesetai.com/robotsoujiki/...
【洗剤の代用品を探せ】ブラーバ m6 の仕様を徹底分析!【ロボット掃除機】前回はブラーバの掃除システム等をご紹介しました。 よろしければこちらもご覧ください。 https://meganesetai...

よろしければクリックで応援お願いします。

人気ブログランキング 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA