音楽

【楽器を始めたい】楽譜も読めないのに30歳からアコーディオンを習ってみた【体験談】

皆さんは楽器を演奏したことがありますか?

おそらく、殆どの人は学生の頃に音楽の授業でリコーダーやピアニカ(鍵盤ハーモニカ)くらいしか演奏をしたことが無いと思います。

そして、誰しも考えたことがあると思いますが、「楽器を自在に演奏してみたい!」という経験、皆さんにも一度はあるんじゃないでしょうか?

でも、いざ始めたいと思っても、「自分なんかに出来るのかな?」、「才能が無いと出来ないよね・・」、「もう楽器を弾ける年齢じゃない」、「楽器を買うお金が無い」など、なかなか一歩が踏み出せず、挑戦する前から挫折する人も多々いると思います。

そういった方のために、私が30歳から楽器(アコーディオン)を始めた経緯をお伝えしたいと思います。

これから楽器を始めたいと考えている方に是非読んで頂きたいです。

楽器を始めるキッカケ

cobaさんに憧れて

アコーディオンを演奏している人のイラスト

前述したとおり、私が楽器(アコーディオン)を始めたのは30歳からでした。

それまで楽譜も読めず、もちろん楽器もろくに扱った事の無い私からしたら、なかなかの挑戦であったと思います。

まず、なぜアコーディオンを始めようと考えたのかというと、私の好きな曲を演奏している方がアコーディオン奏者で作曲家でもあるcoba(小林 靖宏)さんで、その方の曲を「自分でも弾いてみたい!」と思った事がキッカケでした。

 

cobaさんの曲で初めて印象に残ったのは、劇場版ポケットモンスター「水の都の護神 ラティアスとラティオス」でした。

挿入歌やエンディングテーマをcobaさんが作曲、演奏をされていて、どの曲もとても素晴らしく、ものすごい感銘を受けた事を今でも覚えています。

映画が放映されたのは2002年ですが、当時は中高生だった私にはまだアコーディオンを演奏したいと思える欲求があまりありませんでした。

 

というのも、当時は結構な田舎に住んでいた私は、アコーディオンがそもそもどこで売っているのか、現物を見たことも無かったですし、おもちゃのような物でしたら1万円以下でもありますが、大体は10万円以上もする高価な物だったので、「アコーディオンは演奏できる楽器」という認識がありませんでした。

 

アコーディオンを始める経緯

試験勉強の日々。辛い心を癒してくれたのは・・

そして月日が経って30歳になる少し前に至るんですが、私は会社で必要な資格試験を勉強してる最中に、cobaさんの曲をずっと聞いていました。

資格の勉強は2年以上していて、毎日ずっと勉強詰めのなか、cobaさんの曲が癒してくれた事が印象に残っています。

そして、その勉強している最中に、だんだんと思いが溢れてくるようになりました。「資格を取って、勉強漬けの日々が終わったらアコーディオンを習いたい!」と。

 

当時は本当に毎日時間を削って勉強していたので、つらい気持ちを紛らわすために、勉強が終わったら何がしたいのかずっと考えていました。

そこで考えたのが、勉強中にずっと聞いていたcobaさんの曲を、「自分でも弾いてみたい!」

と思うようになり、それを励みに勉強を頑張っていました。

試験合格!音楽教室へ通うことに

そして、2年半に及ぶ試験勉強の末、試験に合格して無事資格を取得する事ができました。

 

合格してすぐに、まずは音楽教室で習うことにしました。

アコーディオンを独学で習うにはハードルが高いと思ったので、習えるところを探したんですが、アコーディオンはマイナーな楽器なので教えているところが少ない・・私はたまたま運が良かったので通える教室を見つけられましたが、こういった住む場所によっては習うことも叶わないという楽器があるというのは悲しいですね。

 

ですが、最近になってようやくオンラインレッスンをしてくださる教室も増えてきたので、マイナーな楽器でも習いやすくなったのは、良いことだと思います。

 

私が通っていた教室の先生もアコーディオンのオンラインレッスンを始めているみたいなので、興味のある方はこちらへどうぞ。

オンラインレッスン体験 - 音楽教室きじばとの家

 

MYアコーディオンを手に入れる!

ネコとアコーディオンのイラスト(音楽隊)

教室に通うにあたって、まずは自分用のアコーディオンを買わなければ練習も出来ないので、どんなアコーディオンを買うか検討をしました。

 

そして、悩んだ末に私が購入を決めたのは「Vアコーディオン」と言って、いわゆる電子楽器のアコーディオンを購入しました。

商品を買わなくて良いので、Amazonのページにて画像をご覧になってみて下さい。

電子パネル表示USBメモリを刺し込む事の出来る姿は電子楽器らしく、見た目もカッコいいです。

 

ヘッドホンのイラスト

アコーディオンを普通の家やマンションで演奏すると、うるさくてしかたないんですが、電子アコーディオンなのでヘッドホンが使えるのがとても便利です。

音量調節で小さい音にも出来るので、自宅で練習するのにとても役立ちました。

 

ただ、Vアコーディオンにはグレードによって値段が違い、大きく分けて

大(約60万円)

中(約40万円)

小(約20万円)

とサイズがあり、どれも高価で手が出し難い・・

これもマイナーな楽器を選んだ宿命なんでしょうけど、ピアノのようにメジャーな楽器だと需要も多いので、安価で種類も多く、選び放題です。

 

一方、Vアコーディオンはまだ比較的新しい楽器なので、まず知名度から無いですし、需要も少なく、それだけにどうしても値段が高価になってしまいます。

もっとアコーディオンが広く使われるような楽器になれば、安価で手に入りやすくなるんでしょうけど、まだまだこれからですね。

私もアコーディオン弾きの一員として、もっと普及していきたい所存です。

 

ちなみに、私は中型サイズを購入しました。一般的な曲を弾くには中型サイズで十分なので、特に問題無く使用できてます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Roland V-Accordion FR-3X WH (White) 《電子アコーディオン》 【送料無料】【ご予約受付中】
価格:396000円(税込、送料無料) (2021/6/26時点)

楽天で購入

 

 

 

アコーディオンを弾き始めた事での変化

教室は年間21回(月1~2回)、マンツーマンで1時間の授業でした。

1時間のうちの30分は教科書課題30分は自分で弾きたい曲を持ち込んで教えて貰うという内容でした。

仕事をしながらだったので時間の都合をつけるのが大変でしたが、先生も予定を調整して下さり、本当にありがたかったです。

 

自宅では毎日1~2時間程度の練習をしていましたが、これまでも試験勉強で毎日1~2時間の時間が確保出来ていたので、すんなり練習に打ち込めました。

むしろ、勉強より自分がやりたかったことに時間が費やせるので、1~2時間でも足りないと思っていたくらいでした。

 

やはり、苦しんでする事より、自分がやりたい事をしている方がやる気が出ます。

これは今まで勉強で苦しんでいたからこそ、「これがやりたかったことなんだ!」と強く感じられました。

半年でも成長できる?

教室に通い始めた当初から、自分で弾きたいと思っていた曲を練習し続けていましたが、半年程経って、ようやく弾けるようになりました。

逆に半年でこれしか弾けないのかと思われるかもしれませんが、教科書の課題を練習しながらだったので、普通の人よりはかなり遅いペースで習得したと思います。

 

体感ですが、このくらいの長さの曲を楽器をまったく弾いたことが無い人だと、毎日練習すれば1ヵ月で弾けるようにはなると思います。

 

ただ、やはり教室で習うのと、独学で練習するのとでは、全然違うんだろうなと実感しました。

アコーディオンは一般的な楽器より習得が難しい部類なので、一人で練習していても分からない所が多々出てきますし、ましてや音楽初心者からしたら分からない事だらけになって挫折していたと思います。

 

3年間で学んだこと

教室を辞めたキッカケ

そして、教室には3年間程通い、現在では自宅で自主練中です。

辞めたキッカケは教室で使用していた教科書の範囲をちょうど終えることが出来たからです。

 

教科書はそこまで分厚い内容では無いんですが、先生から教科書の内容だけでは伝わらない部分も補填して教えて頂いたので、じっくり3年程掛けて教わっていました。

あこ
あこ
3年使っていたのでボロボロです(汗)

教科書は教室で購入しましたが、私が調べた限りでは通販等は行っていないようですね。

Vアコーディオンパフォーマンス(教科書)

教科書だけで独学で習おうとする方は、教室で取り寄せて購入する事も出来るでしょうけど、ネットで購入出来た方が利便性良いんですけどね~

・・・これもマイナー楽器の宿命(2回目)

3年間の授業料

私が通っていた教室は「トート音楽院」「Vアコーディオンコース」です。

Vアコーディオンコース

入会金:11,000円

月謝:15,400円(施設利用料2,750円を含む)

年間:184,800円

3年間での合計は532,400円でした。

(ややこしい話ですが、3年目は同教室の初音ミク コース」にも通い始めました。その場合、施設費が1コース分だけになるので、1年間だけ毎月2,750円が割引になりました。)

 

3年間での変化

曲の習得速度が上がった

 

 

教科書の曲を一通り弾けるようになる頃には、大体の曲が弾けるようになりました。(練習はそれなりに必要ですが)

目安としては、楽譜2ページ分くらいの曲を1~2週間で弾けるようになりました。

 

ただ、教科書の曲だけではなく、自分で弾きたい曲の練習もあったので、並行しながらの練習だったので、人によってはもっと早く弾けるようになると思います。

 

楽譜を読む速度がアップ

最初の頃は楽譜を読む際に音符の下にドレミのルビを書いていたんですが、最近ではルビを書かずに読めるようになってきました。

これは不思議な感覚なんですが、音符を見るだけでどの音符がどの音かが直感的に分かるようになりました。

3年間での気付き

楽器を演奏するのは楽しいですし、好きな曲を自分で弾けるようになるというのは格別な体験ができます。

ですが、そこに至るまでには長い練習が必須になります。

 

途中でサボれば当然衰えますし、挫折する事も多々あるかと思います。

 

それでも楽器を「続けられる人」と「そうでない人」の違いとすれば、

「どれだけ音楽(楽器)が好きか」

で決まってくるんだと思います。

 

比較的安価な楽器で始めようと思っている方は簡単に、リスクなく始められますし、そういった楽器はどこでも習うことが出来る反面、辞める事も簡単に出来ます。

 

ですが、ある程度の覚悟が無いと続ける事も出来ませんし、アコーディオンのように高価な楽器を買わないといけない場合は特にそうですね。

逆に、高価な楽器を買うことで演奏しないともったいないとも思えるかもしれません。

 

覚悟を持って始めたとしても、どこかで挫けてしまう事もあります。そこで大事になってくるのが、どれだけ自分が「音楽が、楽器が、曲が好きなのか」という事になるのかなと感じました。

私の場合、ずっとやりたかった事を抑圧されてきたので、その衝動から、今ではずっとやりたい事が出来るようになって、どんなに長時間でも楽しみながら練習が出来ています。

 

なので、

いかに楽しんで練習出来るか = どれだけ音楽・楽器・曲が好きなのか

 

という事なんだなと、3年間の学びで得た結論です。

 

どこまでのレベルを求めるか?

目標 難易度 期間 金額
1曲だけ弾けるようになる 易しい 1~2カ月 30,000円
基礎だけ学ぶ 少し難しい 1~2年 36,000円
人に教えられるまでになる 難しい 5~6年 1,080,000円
自在に演奏できるようになる 超難しい 10年以上 1,800,000円

(金額は音楽教室に通う期間を元に設定。1ヵ月:15,000円)

 

音楽教室に通う目的は人それぞれです。

各目標によって、教室に通う頻度や練習レベル、必要なお金が全然違ってきます。

上記の表は体感ですが、このくらいの期間やお金が掛かると思います。

 

実際は表の通りにはならないですし、個人差が大いにあるので、あくまで目安として参考にしてみて下さい。

 

最後に

以上、ここまで私の楽器遍歴について語りました。

長々と語りましたが、偉そうに言う割には、私はそんなに上手くはありません(汗)

 

プロになるわけでもなければ、楽器は誰しも気楽にやって良いとも思いますし、そんな覚悟を持たなくても続けられる人は続けられるとも思います。

 

なので、これはあくまで私の個人的な見解なので、参考程度にして頂けたらと思います。

 

私もそうでしたが、楽器を始める前は不安で、他の方の感想を探したりもしたんですが、あまり見つからなかったので、こうして記事として残すことで、一人でも参考になったと思って頂ければ幸いです。

 

どんな楽器でも、練習すれば必ず弾けるようになります。

高価な楽器だから手が出ないと思っている方は無利子の分割払いも出来ます。

島村楽器

楽器 分割払い(36回払い) 無利子

お買い上げ30万円以上、月々5千円~

イシバシ楽器

楽器 分割払い(36回払い) 無利子

お買い上げ3万円以上、月々3千円~


 

また、入会すれば楽器を貰える音楽教室もあります。

授業料も比較的安いのでオススメです。

楽器がもらえる音楽教室【EYS音楽教室】


 

 

やらない理由を探すより、「やりたい!」と思ったら、まずはそれだけでも良いと思います。「やりたい」→「即行動」が出来る人であれば、楽器を始める事は難しくないので、ぜひ挑戦して下さい。

 

ここまで読んで頂きありがとうございました。

 

私の3年間の集大成の演奏動画です。よろしければご覧になってみて下さい。

 

【初音ミク・VOCALOID】目指せ億り人【オリジナルソング解説】オリジナル楽曲投稿 初めて作詞、作曲をした曲を投稿しました。 Youtube等にて投稿しているのでぜひご覧ください! ht...

よろしければクリックで応援お願いします。

DTMランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA