料理

【料理】ご飯がすすむお手軽魚料理と意外な餅グラタン【最近のメニュー】

しろ
しろ

皆さんこんにちは!妻のしろです

 

寒い日が続いていますね。

家にいても体が冷えて仕方がないです。

温かい食事がうれしい季節です。

今回は最近作った料理と意外な組み合わせの餅料理をご紹介します。

 

作ったメニューご紹介

さわらの生姜焼き

[材料]2人分

・さわらの切り身 2切れ

◎醤油 大さじ1

◎みりん 大さじ1

◎酒 大さじ1

◎すりおろししょうが 大さじ1

・塩 適量

・小麦粉 小さじ2程度

・白ネギ 10cm程度

 

[作り方]

①さわらに塩をふり、10分ほど置く。キッチンペーパーで出てきた水分を取る。

②◎の調理料を合わせ、さわらを加え5分ほど浸ける。

③さわらを取り出し表面を軽くふいてから、薄く小麦粉をまぶす。残った調味料は取っておく。

④油を広げたフライパンでさわらを両面焼く(焦げやすいので注意)。2~3cmの長さに切った白ネギも一緒に焼く。

⑤さわらをつけていた調理料を加え、弱火でとろみがつくまで煮絡めたら完成。

 

さわらは淡白な味なので塩焼きにすると少し物足りないのですが、生姜焼きにしてしっかり味付けするとご飯がすすむおかずになります。

しょうがは多めに入れてしっかり効かせるのがおすすめです。

一緒に焼いたネギはお好みで茹でた青菜に変えて、タレと絡めても美味しそうです。

 

 

鮭のピリ辛きのこ照り焼き

[材料]2人分

・鮭の切り身 2切れ

・しいたけ、しめじ、えのきなど

◎醤油 大さじ1

◎みりん 大さじ2

◎酒 大さじ2

◎豆板醤 小さじ1/2

・塩 適量

・小麦粉 小さじ2程度

 

[作り方]

①鮭に塩をふり10分ほど置く。出てきた水分をキッチンペーパーで拭き取る。小麦粉を薄く表面にまぶす。

②しいたけは薄切りに、しめじやえのきは石づきをとって小房にわける。

③◎の調味料を混ぜ合わせておく。

④油を広げたフライパンで鮭を両面焼く(焦げやすいので注意)。鮭に焼き目がついたらきのこも加えて炒める。

⑤きのこがしんなりしたら合わせ調味料を加え、全体に絡めたら完成。

豆板醤のピリ辛が鮭によく合います。

酸味があるのが好みの方はお酢を加えても美味しそうです。

 

写真ではしいたけしか使っていませんが、きのこはいろんなものを使ったほうが見栄えもよく、味も美味しいです。

鮭ときのこはよく使う組み合わせで、味付けを変えてバター醤油にしたり、味噌ダレにしたりと万能です。

 

 

鶏肉とれんこんの梅酒煮

[材料]

・鶏もも肉 1枚

・れんこん 1節

◎醤油 大さじ2

◎梅酒 大さじ2

◎砂糖 大さじ1/2程度

◎水 100ml程度

 

[作り方]

①鶏もも肉は一口大に切る。れんこんは一口大の乱切りにする。

②油を広げた鍋で鶏もも肉を炒める。肉の色が変わったられんこんも加えて炒める。

③◎の材料を加え、落し蓋をして20分ほど煮る。砂糖の量は梅酒の甘みに合わせて調整してください。火を止めてしばらく置くと味がよくしみます。

我が家には夫が過去に作った梅酒が大量にあるのですが、当の夫は梅酒を飲まないのでなかなか消費されません。

そこで煮物に使ってみました。

 

醤油と梅酒、お好みの甘さに合わせて砂糖を加えるだけで簡単にできます。

いつもの煮物より少しさっぱりした味に仕上がります。

ご飯に合わせるよりはお酒に合う味になるかと思います。

 

 

ジャンバラヤ

こちらのDELISH KITCHENのレシピを参考につくりました。

ジャンバラヤ レシピ

 

家にあるケイジャンスパイスを消費したくて作りました。

パプリカをピーマンに、ウインナーをベーコンに変えたので、味は違うものになってしまったかもしれません。

あと、彩りも悪くなってしまいました・・・

 

レシピどおりケイジャンスパイスを10g使ったのですが、かなりスパイシーです。

スパイスはもうちょっと少なめにしてもいいかもしれません。

 

辛くて食べづらかったので、ケチャップを混ぜるのがおすすめです。

 

 

意外な組み合せのスイーツ餅グラタン

チーズ×あんこのお味は?

クラシルのレシピでこんなものを見つけました。

餅とあんこのスイーツグラタン

 

しろ
しろ

餅とあんこはもちろん合いますが、そこにチーズってどうなんだろう!?

気になったので作ってみました。

写真がイマイチなのですが、表面のこんがりチーズと中にはあずきホワイトソースです。

 

缶詰のゆであずきを使用しました。

 

肝心のお味は…美味しいです!

チーズの塩気とあんこが甘じょっぱいいいコンビです。

 

出来立てではチーズが表面カリカリの伸び伸びで、あんこの甘みを緩和してくれます。

しかし、冷めてしまうと甘ったるくて重たくて食べるのがしんどくなってくる…

 

甘味処のように塩昆布や漬物などの箸休めは必ず用意したほうが良いです。

 

 

最後まで美味しくなるように

レシピどおりだと量が多くて食べきることができませんでした(夫に残りを食べてもらいました)

通常のお雑煮を食べるときよりも、餅の量を減らして作るのがおすすめです。

 

また、ホワイトソースは正直なくてもいいかと思います。

味はあっても無くても変わらないし(あんこが強いのでわからない)、冷めてから重たくて箸が進まなくなる要因になりました。

 

餅にゆであずきを乗せて、チーズをかけて焼くだけでも同じ味を再現できると思います。

味は美味しかったので、温かいうちに食べ切れるサイズにしたら最後まで美味しくいただけると思います。

 

しろ
しろ

気になった方はぜひお試しください。

 

 

【料理】冬にあたたまる!おすすめご飯【最近の食事メニュー】 12月も半ばも過ぎ、寒い日が続いていますね。 そんな季節はやっぱり体のあたたまるご飯が嬉しいですよね。 ...

 

よろしければクリックで応援お願いします。

料理ランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA