本紹介

【佐原ミズ】マイガール【おすすめ・漫画紹介・不器用な親子の物語】

しろ
しろ

皆さんこんにちは!妻のしろです。

 

今回は私の好きな漫画をご紹介したいと思います。

佐原ミズの「マイガール」です。

全5巻の完結済みです。

こちらの作品は2009年に嵐の相葉雅紀さん主演でテレビドラマ化されています。

私は見ていないのですが、なかなか評価もよかったようですね。

何度も繰り返し読んだくらい好きな作品なので、その魅力をお伝えしたいと思います。

 

ストーリー

あらすじ

笠間正宗は23歳の会社員で、5年前にフラれた4つ年上の陽子を忘れられずにいました。

留学に行く陽子に「待っていなくていい」と言われ、連絡が絶たれてしまったのです。

そんな忘れられなかった人、陽子が亡くなったと言われ、葬儀に出席します。

そこで彼女の母親から、実は5歳になる正宗との娘がいると伝えられます。

正宗はそんな大事なことを今更言ってきて、都合が良すぎると怒ります。

しかし娘のコハルは父親は正宗だと陽子から聞かされていて、正宗を慕ってきます。

最初はコハルを突き放していた正宗ですが、大好きなママに置いていかれたコハルの悲しみが5年前に捨てられた自分にはわかります。

ママを好きだった正宗と一緒にいたいというコハルに応え、2人は一緒に暮らすことにします。

 

親になって知ること

いきなり5歳の子持ちになった正宗の苦労は絶えません。

しかし、自分の両親、陽子の母親、職場の同僚、大家さんなど周りの人に助けられ、2人はだんだん親子らしくなっていきます。

正宗はコハルの成長を見ながら、自分もまた親からこうして大切にされてきたのだと知るのです。

 

不器用な親子

正宗とコハルはお互いを大切に思うあまり、すれ違うときも増えていきます。

正宗はコハルには母親が必要だと思い、不本意ながらお見合いをし、コハルは自分は正宗の邪魔になると家出してしまいます。

2人の親子関係はどうなっていくのでしょうか。

読了後にはほっこりとした気持ちに包まれていると思います。

ぜひ結末を見届けていただきたいです。

この作品の魅力

この作品ではコハルの健気さに終始胸を打たれます。

シングルマザーだった自分のママは不幸だったのか?

仕事で忙しくしている正宗に甘えられない。

正宗は自分という子持ちでなければ結婚できるのに…など、大変敏い子なので、成長とともに悩みも増えていきます。

しかしそんなときも正宗の愛情や周囲の人の親切に支えられ、乗り越えていきます。

コハルが悲しんでいるたびに

しろ
しろ

抱きしめてあげたい!

 

そんな気持ちにさせられます。

 

お互いを大切にしあう不器用な親子の物語です。

ぜひ読んでみてください。

 

また、私は作者の佐原ミズさんのほかの作品も読みました。

少し影を抱えた登場人物たちの心温まるストーリーが多いです。

ほかの作品も読んでみてください。

一夜さん

鉄楽レトラ 

【星渉・前野隆司】99.9%は幸せの素人【本紹介・自分を幸せにする方法とは?】 今回はおすすめ本のご紹介をしたいと思います。 星渉・前野隆司「99.9%は幸せの素人」です。 ...

よろしければクリックで応援お願いします。

読書日記ランキング

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA