雑記

【過去問】第一種作業環境測定士登録講習(特定化学物質)の修了試験の内容【難易度】

第1種作業環境測定士登録講習(特化物)を受講した内容をご紹介します。

受講内容、修了試験についてまとめているので、これから受講する方の参考になるかと思います。

 

ちなみに、登録講習は全国5カ所で受講できますが、私は「大阪(関西労働衛生技術センター)」で受講してきたので、その内容をお伝えします。

また、身バレ防止のため、この記事の投稿時と受講時からは期間を開けています。

 

この記事で分かること

・第1種作業環境測定士登録講習(特化物)の内容

・修了試験の内容

・試験対策の方法

 



第1種作業環境測定士登録講習の内容

使用するテキスト

講習は、以下のテキストを使用しました。

  1. 特定化学物質(金属類及び特別有機溶剤を除く)-物質別各論
  2. 作業環境測定のための機器分析の実務

テキストは日本作業環境測定協会 図書・分析試料販売サイトで購入できますし、講習会場でも購入することができます。

ちなみに、2冊で3,410円です。

 

また、メルカリやヤフオク等のフリマサイトでも購入できるようですが、会社から受講されている方は領収書も貰えるので現地で購入することをおすすめします。

 

 

講習の日程

1日目:実技講習

2日目:講義 + 実技

3日目:講義 + 実技・修了試験

作業環境測定士登録講習では、修了試験にて「筆記試験」「実技試験」があります。

1日目の実技講習は任意ですが、講習を受けるだけで実技試験が免除になるので、受けておく方が合格しやすいでしょう。

 

また、実技講習では電卓を使用した計算問題が出題されます。

第二種の修了試験では関数電卓を利用しましたが、私が受けた試験(大阪会場)では通常の電卓で十分でした。

講習の案内では関数電卓が必要だと書いてあったので用意してましたが、必要ありませんでしたね。

 

 

講習内容

実技講習


出典:Thermo Fisher

・ガスクロマトグラフ

・吸光光度計

・原子吸光分光光度計

・インピンジャー(ミゼットインピンジャー)

これらの、作業環境測定で実際に使用する測定機器の扱い方を学びました。

会社等で作業環境測定をまだやっていない人も多く、使い方が分からない機器も多かったですが、講師の方がしっかりと使い方を教えてくれます。

 

実習では、班分けをして実際に測定をするので、測定機器の使い方を身をもって体験することができました。

 

 

座学講習


講習の内容は半分は実技実習、もう半分はパワーポイントの資料を見ながらの座学といった内容でした。

修了試験に出題される問題と答えをある程度教えて貰えるので、講師の方が「ここが重要」だと言った部分はしっかりと覚えておきましょう。

 

初日の実技講習を受けずに実技試験を受けられる方は、実習では数人の班で1台の測定機器を扱うので、積極的に測定係をした方が良いです。

 

 

修了試験の内容

筆記試験の概要

【試験時間】

30分

 

【合格点】

70点以上

 

【問題内容】

〇✕問題:1問(5項目)

語句挿入問題:3問(11項目)

計算問題:1問(2項目)

私が受験した試験内容(大阪)はこのような形でした。

覚えている限り再現しましたが、細部は違っていると思うので参考程度にしてください。

 

計算問題は答えが間違っていたとしても、式の書き方が正しければ部分点を貰えると言っていたので、最低でも公式を覚えておいた方が良いでしょう。

 

実技試験の概要


出典:日立ハイテク

実技試験は吸光光度計の試験でした。

検量線と試料の吸光度を測定して、方眼紙に検量線を引き、試料の濃度を求めるまでをレポートで提出するので、実習ではしっかりとやり方を学んでください。

 

私は実技講習を受けたので実技試験は受けていませんが、事前に講師が言っていた様子だと最低限レポートを提出すれば良いので、分からない所は講師に聞けば教えてくれるようです。

 

また、遠方から受講しに来る方は早く帰らないと新幹線や飛行機に間に合わないので、講習前にレポートをある程度書いておくことが許可されていました。

ただし、あくまでそのときの講師が許可しただけなので、実技試験を受けられる方は機器の操作と試料濃度の求め方は覚えておいた方が良いと思います。

 

次に、解答用紙は回収されてしまったので、私が覚えている限りの筆記試験の問題と解答をご紹介します。

 

 

問題内容(過去問)

〇✕問題

問1.次の問が正しいなら〇、誤っているなら✕と解答せよ。
1.試料導入部の汚れは、ゴーストピークの原因とならない。
2.保持容量が増えると、ピーク幅も広がる。
3.カラムのエージングは、残留溶媒や揮発性物質を除去するためである。
4.カラム室内の温度を上げすぎると、ピーク面積が重なってしまう。
5.キャリアガスの種類・流量が変化しても、検出器の感度は変わらない。

答え
1.×
2.〇
3.〇
4.〇
5.×

 

 

語句挿入問題

問2.次の文章の(1)~(4)に該当する語句を挿入せよ。

吸光度から濃度を求めるには(1)、標準添加法とあるが、(1)はランベルトベールの法則より、吸光度は濃度に(2)することから、試料中目的成分の濃度を知ることができる。

検量線は測定した範囲内で有効なものであり、試料がその範囲を超えても(3)してはいけない。

管理濃度の1/10の濃度に相当する試料を繰り返し5回以上分析した標準偏差の(4)を定量下限とする。

答え
(1)絶対検量線法(検量線法)
(2)比例
(3)延長
(4)10倍

問題文は正確に覚えていませんが、大体このような感じだったと思います。

(1)と(2)は少し自信が無いので、間違っているかもしれません。

 

 

計算問題

問3.次の1.2の問に答えよ。

ガスクロマトグラフ導入量:1ml
試料空気のピーク面積:568、1595

1.環境空気中の塩化ビニル濃度は何µg/mlか?
2.環境空気中の塩化ビニル濃度は何ppmか?
1.は小数点以下第2位を四捨五入すること。
2.は小数点以下第1位を四捨五入すること。
※数字は覚えてないので適当です

答え
分かりません。

講習で詳しく解説されていない部分だったので、解き方は分かりませんでした。

 

問題はかなりうろ覚えですが、塩化ビニルをパーミエーションチューブに入れて標準ガスを作り、ガスクロ分析をした面積から濃度を算出する計算だったと思います。

ピーク面積の値から濃度を算出する方法は作業環境測定士試験(特定化学物質)の過去問にも出題されていましたが、修了試験で出題された問題とは若干違うような問題でした。

 

答えが間違っていても、途中式を書いていると部分点が貰えます。

 

 

語句挿入問題

問4.次の文章の(1)~(4)に該当する語句を挿入せよ。

対象物質を(①)に吸引したものを(②)とし、そこから(③)を作る。

(③)から(④)を引き、(⑤)の(⑥)から(⑦)を求める。

答え
①捕集液
②試料液
③標準液
④検量線
⑤最終試料液
⑥吸光度
⑦濃度

実際の問題では(1)~(4)の4項目ですが、どの項目が出題されたのか忘れたので①~⑦まで記載しています。

①→⑦までの流れを把握しておけば対応できるので、覚えておいてください。

 

問5.次の文章の(1)~(2)に該当する語句を、(3)に該当する数値を挿入せよ。

ミゼットインピンジャーに捕集液10mlを入れ、流量1L/minで15分間試料空気を吸引した。

試料液および捕集液の5mlずつをそれぞれ共栓試験管に取り、緩衝液0.5ml、アリザリンコンプレクソン溶液1ml、硝酸ランタン溶液1ml、アセトン2.5mlを加えて振り混ぜ、(1)分間放置する。

液はフッ化物イオンの濃度に応じて紫色となるから、ブランク(赤色)を対象として(2)nm付近の波長で吸光度を測定する。

フッ化水素の濃度が1.48µg/ml、フッ化水素HF分子量=20のとき、環境空気中のフッ化水素濃度は(3)ppmである。
解答は小数点以下第2位を四捨五入すること。
※数字は覚えてないので適当です

(計算式)
Q:吸引試料空気(L)
C:環境空気中のフッ化水素濃度(ppm)
24.47:25℃、1気圧のときの(空気の)体積


問題文の数字ではなく、以下の公式を覚えておく必要があります。

答え
(1)30
(2)620
(3)2.4
答えが間違っていても、途中式を書いていると部分点が貰えます。

 

 

内容がうろ覚えのものもありますが、大体こんな感じでした。

講習で習っていない問題も出てきたので、事前にテキストを熟読しておくことをおすすめします。

 



 

試験対策の方法

テキストで予習

前述のとおり、講習では以下のテキストを使用します。

  1. 特定化学物質(金属類及び特別有機溶剤を除く)-物質別各論
  2. 作業環境測定のための機器分析の実務

テキストは日本作業環境測定協会 図書・分析試料販売サイトで購入できますし、講習会場でも購入することができます。

会場によってはテキストの内容より講師が用意した資料を中心に講習を進めるかもしれませんが、ひととおり目を通しておけば講習内容も頭に入りやすいでしょう。

 

講習ではテキストが必ず必要になってくるので、事前に購入するか当日に購入するかの違いでしかありません。

講習についていけるか不安であったり、修了試験対策をできるだけしておきたいと考えている方は、事前に購入して予習することをおすすめします。

 

 

問題集で予習

試験対策として、作業環境測定士の問題集にて予習しておきましょう。

特に、試験を免除してから登録講習に挑む方にとっては馴染みが無い内容が多いので、問題集から試験内容の傾向を把握しておいた方が良いです。

 

修了試験で出題される範囲は第1種(特化物)の内容なので、「問題集の第6章」をおさらいしておきましょう。

 

 

試験の結果通知

通知までの期間

修了試験が合格だった場合、2週間以内に「修了証」が届きます。

 

また、修了証の原本証明をした写しも同封されているので、写しを使用して免状の出願をすれば、作業環境測定士の免状を取得できます。

第二種や、他の科目講習を受けられる方は、まとめて免状の取得を出願すれば少しだけ安く免状を取得できます。

 

とはいえ、会社からのお金で資格を取得する人が多数だと思うので、少しだけ安くなろうがあまり関係ないかもしれませんね。

ただ、まとめて出願する方が手間は少ないので、すぐに免状が必要でない方は、まとめて出願することをおすすめします。

 

なお、修了試験が不合格だった場合は10日以内に不合格通知が届きます。

10日以内に通知が届かないことを祈りながら待ちましょう(^_^;)

 

 

ちなみに、私は無事に合格することができました。

点数が発表されないので何点だったかは分かりませんが、出題されたのがほとんど講習で習っていた内容だったので、結構良い点だったんじゃないかと思います。

 

 

また、登録講習を受けた方で、どのような問題が出たのかをコメント欄にて教えていただければ幸いです。

これから受講される方のため、ご協力をお願いします。

 

第一種で他の科目を受験される方は、最新の試験問題集を購入する事をおすすめします。

 

その他の登録講習内容はこちら

【過去問】第二種作業環境測定士登録講習の修了試験の内容【難易度】作業環境測定士登録講習(第2種)を受講した内容をご紹介します。 受講内容、修了試験についてまとめているので、これから受講する方の参...
【過去問】第一種作業環境測定士登録講習(有機溶剤)の修了試験の内容【難易度】第1種作業環境測定士登録講習(有機溶剤)を受講した内容をご紹介します。 受講内容、修了試験についてまとめているので、これから受講す...

 

よろしければクリックで応援お願いします。

人気ブログランキング 

 



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA