高配当投資

【寝ている間に儲かる!?】おすすめ高配当株紹介【厳選銘柄その①】

寝てる間にお金増えないかな・・・

 

誰でも、楽してお金を手に入れたいですよね。

寝ている間にお金が増えるなんて、そんな夢のような話は無いと思っている方のために紹介したいのが配当金で稼ぐ「高配当株投資」です。

 

配当金とは、株式を持っているだけで貰えるお金なので、本当に寝ている間にお金が稼げます。

 

お金持ちになるには「自分が働く」だけでなく「お金に働いて貰う」ことをしないと効率が悪いです。

この事実を認識していないと、いつまで経ってもお金持ちへの道へはたどり着けない人が多いでしょう。

 

では、どうすれば良いのかというと、不労所得である「配当金」を貰うために、「株式を購入」することをおすすめします。

なので、できるだけ多くの配当金が貰える会社の株式を購入する必要がありますが、配当金が多く貰えるだけの会社の株を購入しても安定して配当金が貰えない「罠銘柄」も存在するので注意が必要です。

 

この記事では、そういった「罠銘柄」を避けて「長期間・安定的・高配当」の銘柄を紹介しますが、あくまで個人が選出した銘柄であり、株式投資に絶対安心ということはありません。

必ず自分でも会社の情報を調べて、購入する際は自己責任でお願いします。

 



高配当銘柄の探し方

高配当銘柄の基準

この記事で紹介する「長期・安定的」に貰える高配当銘柄は「配当利回り4%前後」を基準としています。

Yahoo!ファイナンスの配当利回りランキングから探すと便利です。

 

ランキングを見ると、上位には10%以上の利回りがある銘柄がありますが、ここまで高い配当利回りを長期的に貰える会社は無いと断言しても良いでしょう。

配当金は会社の利益から株主に還元していますが、会社の利益から10%以上も株主に還元し続けていたら、ほとんどの会社は潰れます。
(利益率10%以上もあれば高収益企業です)

 

配当金は会社の経営が成り立っていてこそ貰えるお金ですし、長期的に貰えないと投資している意味がありません。

なので、「長期・安定的」に配当金が貰える会社を探す必要がありますが、探してみると「4%前後」の会社が多いので、基準として設定しています。

 

 

高配当銘柄の探し方

①配当利回りランキング100位以下


出典:Yahoo!ファイナンス

配当利回りランキングでは上位100位以上にある会社のほとんどは、配当利回りが高いだけで安定的に配当金が貰えない会社が多いです。

なので、基本的には上位100位以下の会社を選びましょう。

 

②IR BANKを利用する


出典:IR BANK

会社の業績を分かりやすくまとめているサイトIR BANKで、企業の「過去の業績」を調べましょう。

 

高配当銘柄を探す基準は以下の8項目です。

  1. 売上高:ブレが小さく右肩上がりが理想
  2. EPS(1株当たりの利益):右肩上がり
  3. 営業利益率:10%以上かどうか
  4. 自己資本比率:最低でも40%は欲しい。60%が理想。80%以上だとGOOD!
  5. 営業活動によるCF:毎期黒字で右肩上がりが理想
  6. 現金等:増えていくのが理想(現金以外の換金性の高い資産も確認する)
  7. 1株あたり配当金:安定性・成長性を確認
  8. 配当性向:30%~50%ぐらいが健全。高すぎるのは要警戒。

出典:リベラルアーツ大学 【初心者向け】高配当株の「分析ツール」の使い方をカンタン解説【株式投資編】:(アニメ動画)第130回

 

この探し方は、金融系Youtuberで有名な、リベラルアーツ大学の両学長が推奨している方法です。

詳しい内容は以下の記事を参考にしてみてください。

【両学長・こびと株】失敗しない高配当株の探し方【おすすめ銘柄5選】皆さんは投資・金融系で有名なYou tuberである「両学長」をご存じでしょうか? 出典:リベラルアーツ大学 私はよくこ...

 

③企業HPで「最新の業績」を確認する

配当利回りランキング「IR BANK」から、目星を付けた企業HPの「最新の業績」を見てみましょう。

業績内容を細かく見る必要は無いので、以下の2点だけ注視してみましょう。

・決算プレゼン資料(企業が作った見やすい資料)

・決算短信の1ページ目

 

④あらゆる情報をもとに「将来」を予想して最終決定する

企業の「将来(未来)」を予測することはとても難しいですが、以下のような手段を用います。

  1. 会社四季報
  2. 経済新聞・経済誌
  3. TwtterなどのSNS
  4. Youtubeなどの動画コンテンツ
  5. 証券会社の予想
  6. 株情報サイト

どこまで調べても完璧な予想はできないので、最終的には自分で判断するしかありません。

大事なことは「長期・安定・高配当」な配当金が貰える会社を選ぶことなので、直近の高利回りに惑わされずに、長い間配当金が貰えるような銘柄を選択しましょう。

 

 

おすすめ高配当銘柄3選

上記の情報を基に、高配当株を探してみました。

  1. (8584)ジャックス
  2. (3003)ヒューリック
  3. (2163)アルトナー

 

調べる条件は、IR BANKにて以下の項目をクリアしている事とします。

  1. 売上高:ブレが小さく右肩上がりが理想
  2. EPS(1株当たりの利益):右肩上がり
  3. 営業利益率:10%以上かどうか
  4. 自己資本比率:最低でも40%は欲しい。60%が理想。80%以上だとGOOD!
  5. 営業活動によるCF:毎期黒字で右肩上がりが理想
  6. 現金等:増えていくのが理想(現金以外の換金性の高い資産も確認する)
  7. 1株あたり配当金:安定性・成長性を確認
  8. 配当性向:30%~50%ぐらいが健全。高すぎるのは要警戒。

出典:リベラルアーツ大学 【初心者向け】高配当株の「分析ツール」の使い方をカンタン解説【株式投資編】:(アニメ動画)第130回

それぞれの銘柄詳細を紹介していきましょう。

※調べた情報は2022年9月を元にした情報となっています。

 

 

(8584)ジャックス


出典:JACCS

クレジットカード会社です。

経営方針は堅実で、カード会社業界の中でも不良債権が少ないことで有名です。

現在多くのクレジットカード会社や消費者金融会社を苦しめている過払金の問題がほとんどなく、健全な経営をされています。

2022年9月現在の配当利回り:4.39%

 

①売上高
②EPS
③営業利益率

 

出典:IR BANK

 

④自己資本比率

出典:IR BANK

 

⑤営業活動によるCF
⑥現金等


出典:IR BANK

 

⑦1株あたり配当金
⑧配当性向
⑨不況時に赤字転落・大きな減配をしていないこと

出典:IR BANK

現金等は右肩上がりで、余裕資金は上昇傾向。

配当性向30%台で推移していて、安定的な配当金が貰えることが予想できます。

 

クレジットカード会社は借りた資金をそのまま運用資金として利用しているので、自己資本比率が低くなる業種となっていますが、このように上記の条件に当てはまらなくても高配当株となる銘柄もあるので注意して探しましょう。

 

 

(3003)ヒューリック


出典:ヒューリック

オフィス・店舗・商業施設などのビルを主に扱う不動産業の会社です。

日本での不動産業の時価総額順位は56社中4位であり、かなり大きな規模の事業をいくつも取り扱っています。

2022年9月現在の配当利回り: 3.76%

 

①売上高
②EPS
③営業利益率

出典:IR BANK

 

④自己資本比率


出典:IR BANK

 

⑤営業活動によるCF
⑥現金等


出典:IR BANK

 

⑦1株あたり配当金
⑧配当性向
⑨不況時に赤字転落・大きな減配をしていないこと


出典:IR BANK

自己資本比率が低めですが、不動産業種の自己資本比率は10~20%台が平均となっています。

営業利益率が20%台で継続されていて、10期連続増配ながら配当性向30%台で推移しているので、株主還元に力を入れつつも、無理のないレベルで配当金を出し続けてくれそうです。

 

 

(2163)アルトナー


出典:アルトナー

設計技術者に特化した、技術者人財の派遣事業を行っている会社です。

自動車関連では電気自動車・エコカー・運転支援技術など、機器開発では半導体露光装置・産業用ロボットなど、またシステム・アプリ開発・最先端の基礎研究・設計開発など多くのプロジェクトに参画し、様々な技術サービスを提供しています。

2022年9月現在の配当利回り:4.07%

 

①売上高
②EPS
③営業利益率

出典:IR BANK

 

④自己資本比率


出典:IR BANK

 

⑤営業活動によるCF
⑥現金等

出典:IR BANK

 

⑦1株あたり配当金
⑧配当性向
⑨不況時に赤字転落・大きな減配をしていないこと


出典:IR BANK

2022年に営業CFが少し下がり、配当性向が50%台にまで上昇していますが、それ以外は綺麗な右肩上がりで安定した業績であることが伺えます。

「累進配当」ではなく「連続増配」が続いているんので、これからも配当金が上昇してくれることが期待できて、好感が持てますね。

 

なお、今回紹介した銘柄は高配当銘柄の条件に見合う銘柄を基準に選定しましたが、実際に投資をする際はご自身でも充分に精査して、自己責任でお願いします。

 

 

終わりに

高配当株についての考え方

今回紹介した銘柄は、現時点での評価を元に選定しています。

株価の暴落によって会社の評価が変わってしまうリスクもあることを認識しておきましょう。

 

また、高配当株は日々の株価に一喜一憂するような買い方をするのではなく、数十年に渡って配当金を貰うため、定期的に「買い続ける&保有し続ける」ことが重要です。

暴落のタイミングはむしろ安く買えるバーゲンセール期間なので、そういったタイミングを逃さないために株価を常に注視するか、日ごろから定期的に継続購入(ドルコスト平均法)することをおすすめします。

リスクを抑える高配当ポートフォリオの作り方はこちら

【両学長・こびと株】少額から始める日本株の高配当ポートフォリオ作成方法【作成例】皆さんは投資・金融系で有名なYou tuberである「両学長」をご存じでしょうか? 出典:リベラルアーツ大学 私はよくこ...

 

 

本当に寝ている間に儲かるの?

寝ている間にお金を稼ぐことは誰にでも可能ですが、当然リスクが伴います。

今回は「株式投資」について紹介しましたが、他にも寝ている間に儲かる不労所得は「不動産投資(家賃収入)」「預貯金の利息」「債券等の利息」など様々。

 

株式や不動産投資のように高リスクな商品はリターンも大きいですが、預貯金や債券のように低リスクな商品はリターンも少ないです。

どれだけリスクが取れるかによって稼げる金額(損する金額)が変わってきますが、初心者の内から全財産を株式に突っ込むようなマネだけは絶対しないでください。

 

早く儲けるために大金を投じたい気持ちは分かりますが、「最速で儲ける」というのは「最速で損する」という事と表裏一体です。

「適正なリスク」を身に付けるため、まずは小額から始めてみましょう。

 

小額から株式を購入するならSBI証券がおすすめ。

一株単位で購入できるS株なら24時間注文可能で初心者にぴったりです。

 

不動産投資を小額で始めたいならこちらを参考にどうぞ。

【超初心者向け】不動産投資のおすすめ本、物件検索サイト3選 「家賃」という「不労所得」は、誰しも憧れますよね。 働かなくてもお金が手に入るなんて夢のような話ですが、どのように...

 

その他のおすすめ高配当株はこちら

【寝ている間に儲かる!?】おすすめ高配当株紹介【厳選銘柄その②】 誰でも、楽してお金を手に入れたいですよね。 寝ている間にお金が増えるなんて、そんな夢のような話は無いと思っている方...

 

 

よろしければクリックで応援お願いします。

 



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA